新着記事

短篇小説

世界終末後のラブストーリー、フリッツ・ライバー「バケツ一杯の空気」

Snowing night, Joulukuu Finland 2003 世界の終末後を描くポスト・アポカリプスものといったら、真っ先に思い浮かぶのがこの短篇小説だ。 だしぬけにあらわれた暗黒星が太陽から地球を奪い、太陽系の...
フィンランド

ヘルシンキの音屑

Arabianmäki Helsinki 2006 ヘルシンキは夏めいてくるとバカンス・シーズンへ突入する。街からフィンランド人の気配が薄れると同時に、異邦人観光者の姿が現れ始め、慣れ親しんだ静けさのかわりに、よそよそしい静けさが流...
フィンランド

フィンランド人はラーメンの夢を見る

中華そば はじめて日本に来たフィンランド人の友人に、ラーメン屋に連れて行ってほしい、と頼まれたことがある。 伊丹十三の映画『タンポポ』を観て以来、いつか日本に行ったら、映画のようなラーメン屋のカウンターでずるずると音を立ててラ...
日々

私はカダフィ大佐の娘です

鶴舞公園のバラ園、2022年4月 フォローバックしたてのインスタグラム・アカウントから送られてくるDMには注意が必要だ。それが「私はカダフィ大佐の娘です」という一文からはじまるような場合はなおさら。 その英語の長文からなるDM...
スポンサーリンク
スポンサーリンク