ミステリ

短篇小説

メリーさんのアイロニー、ロアルド・ダール「おとなしい凶器」東理夫 訳

Öland Sweden 2003 木曜日の午後5時、子羊のように善良で従順な妻メリー・マロウ二(Mary Maloney)は、夫パトリックが仕事から帰ってくるのを待ちわびている。家は暖かく整えられている。妻は妊娠6ヶ月。警察官の夫...
収録作品

収録作品:パトリシア・ハイスミス『11の物語』(ハヤカワ・ミステリ文庫) 小倉多加志 訳

カバーイラスト 丸山幸子 Elevenby Patricia Highsmith Foreword by Graham Greene序─グレアム・グリーン かたつむり観察者The Snail-Watcher 恋盗人...
短篇小説

深遠な哲学ハードボイルド、ウディ・アレン「ミスター・ビッグ」伊藤典夫 訳

Mr. Big by Woody Allen サンフランシスコのダン・カーニー探偵事務所<DKA>では門前払になるであろう神学上の問題も、ニューヨークに事務所を構える〈おれ(=カイザー・ルーポウィッツ)〉は、引き受けることに吝かでは...
収録作品

収録作品:トマス・フラナガン『アデスタを吹く冷たい風』宇野利泰 訳

Thomas Flanagan, "The Cold Wind of Adesta" アデスタを吹く冷たい風The Cold Wind of Adesta 獅子のたてがみThe Lion's Mane 良心の問題The ...
短篇小説

ハードボイルドな頭の体操、トマス・フラナガン「アデスタを吹く冷たい風」宇野利泰 訳

大学生の頃よく観ていた、フジテレビ深夜のクイズ番組『IQエンジン』を思い出す。大高洋夫、勝村政信、筧利夫、筒井真理子など、鴻上尚史の主催する第三舞台の役者さんが多く出演していた。
短篇小説

おぬまたんのミステリ、小沼丹「黒いハンカチ」創元推理文庫

Voionmaan opisto Finland 2003 「こぬま」ではなく「おぬま」。「おぬまたん」とひらがなで記すと、どこかの地方のゆるキャラみたいだけれど、小沼丹は日本の小説家だ。 「黒いハンカチ」は、五月の好く晴れた...
収録作品

収録作品:小沼丹『黒いハンカチ』創元推理文庫

小沼丹『黒いハンカチ』創元推理文庫 指輪 眼鏡 黒いハンカチ 蛇 十二号 靴 スクェア・ダンス 赤い自転車 手袋 シルク・ハット 時計 犬  あとがき  ...
短篇小説

キング式ダイエットの短篇小説、スティーヴン・キング「聾唖者」風間賢二 訳

主人公の中年男性は、本のセールスマン。家庭の悩みをかかえている。読書週間のキャンペーンで販売先に向かう途中、雨の高速道路で聾唖者のヒッチハイカーをひろう。
短篇小説

虫や動物の比喩が楽しいハードボイルド、ジョー・ゴアズ「真紅の消防車」石田善彦 訳

私立探偵社<DKA>ダン・カーニー探偵事務所の敏腕調査官パトリック・マイクル・オバノンは、「滞納金全額および経費を集金するか、ブツを回収せよ」という指示書にしたがい、2631ドル55セントの月賦金未納分として、マリン郡ラマララ・ヴァレー地区の真紅の消防車によじのぼり、
短篇小説

十階の万聖節前夜、アイザック・アシモフ「ハロウィーン」仁賀克雄 訳

ハロウィーンの日に箱に入っているのはお菓子だけであって欲しいものだが、そうとも限らない。
スポンサーリンク