SF

SF

収録作品

収録作品:ロバート・F・ヤング『ジョナサンと宇宙クジラ』伊藤典夫編・訳

ジョナサンと宇宙クジラ (ハヤカワ文庫SF) | ロバート・F・ヤング 九月は三十日あったThirty Days Had September 魔法の窓Magic Window ジョナサンと宇宙クジラJonathan an...
短篇小説

九月への扉、ロバート・F・ヤング「九月は三十日あった」伊藤典夫 訳

ロバート・F・ヤング「九月は三十日あった」伊藤典夫訳 時は2061年、学校教育が完全民営化され、学校や教師が絶えて久しいアメリカ。春のある日、妻子ある男が会社帰りに学校教師を買って帰る。 ダンビーは古道具屋のウィンドウで「学校...
収録作品

収録作品:フリッツ・ライバー『バケツ一杯の空気』(サンリオSF文庫)

A Pail of Air by Fritz Leiber 「バケツ一杯の空気」深町眞理子 訳A Pail of Air 「ビート村」山下諭一 訳The Beat Cluster 「火星のフォックスフォール」野口...
短篇小説

猫との遭遇、ロバート・F・ヤング「ピネロピへの贈り物」

いわゆるファーストコンタクトもの。ただし、地球人が宇宙人に、ではなく、宇宙人の少年が猫に初めて遭遇した話。
収録作品

収録作品:星新一『ボッコちゃん』新潮文庫

星新一『ボッコちゃん』新潮文庫の収録作品。巻末の解説は筒井康隆。
短篇小説

生き延びることの意味を考えてしまう、トム・ゴドウィン 「冷たい方程式 」 伊藤典夫 訳

「トロッコ問題」または「トロリー問題」と呼ばれる「問題」があるらしい。「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という古くからある倫理学上の思考実験とのこと。最近では、アメリカの政治哲学者マイケル・サンデルの授業で...
短篇小説

猫の名前はノーマン、フィリップ・K・ディック 「猫と宇宙船」 Philip K. Dick / The Alien Mind (1981)

猫の肉球は、パソコンのキーボードとかリモコンのボタンを正確に打つようにはできていない。だから間違いもおこる。とは言え飼い主にとっては不都合にもなる。その類のものはなるべく猫から遠ざけなければならない。なかなか難しいけれど。 ...
短篇小説

時空を超越するショートショート、星新一「おーい でてこーい」

名古屋駅 JRゲートタワー 2015 星新一のいわゆるショートショートもの。メビウスの帯型に属する物語。都会から離れた小さな社で発見された「穴」が、「原子炉のカス」、「都会の汚物」、「引き取り手のない浮浪者の死体」や「かつての恋人と...
スポンサーリンク